Top>Webゲーム>ハム将棋
※このページは2020年1月頃のドメイン切れ(?)によって消滅した「ハム将棋」を複製したものです。
※このページは作者の承認を得ていない非公式ミラーです。また、当サイトの管理人は「ハム将棋」の作者(Hozo氏)ではありません。
※もし「ハム将棋」の作者(Hozo氏)との連絡が取れる方がおりましたら管理人(ggmatome@gmail.com)までお知らせください。

※「ハム将棋」のご利用には、Flashに対応しているブラウザが必要です。
※Flashは2020年でサポート終了します。この「ハム将棋」も当然遊べなくなる事になりますが、このページは消さずに残します。

・交互に駒を動かし、相手の王を取れることが確定すれば勝ちです(詰み)。
・将棋が初めての方は、ガイドをチェックして「ハム裸玉」から始めるのがお勧めです。ハム裸玉に勝つも合わせてご覧ください。
 (対裸玉での勝ち方の一例です)左から3つ目の歩を動かす→角を一番右上に移動して馬にする→馬を中央に移動する
 →右から2つ目の歩をひたすら進めてと金にする→と金を左に移動→飛を上から3段目以内に移動して竜にする
 →竜と馬とと金でじわじわ王を包囲する(王の隣のマスに行くには味方の協力が必要です)→勝利
・ガイドにチェックを入れると、駒の利いている範囲とクリックした駒の動ける範囲を表示します。
 blue青いマスは自分の駒だけが利いているので、ここに相手の駒があればタダで取ることができます。
 red赤いマスは相手の駒だけが利いているので、ここに自分の駒が入ったままだとタダで取られてしまいます。
 purple紫のマスは両者の駒が利いていて、ここに自分から入って行くと取られる可能性があります。
 purpleblue青と紫半々のマスは自分の利きが優っているので、ここで戦いを起こすと優位に進めやすいです。
・対局終了後はカーソルキーでも対局を再現できます。♪をクリックで音を消します。
・ハムが強すぎる!という人にはこまお将棋の遊び部屋がおすすめです。
・画像素材:はむの頭脳(閉鎖)


inserted by FC2 system